太いミックスボイスで歌う時のイメージ図。喉から下で歌う。

高温.png


最近太くて声量のある高音で歌うコツが掴めてきました。

絵が下手で申し訳ないですが、こんな風なイメージで歌っています。


喉から下の胸に空気を貯めて歌うようなイメージです。

これを意識するようになってからかなり声が太くなり声量が出るようになりました。


まだこの声量を出せるようになってから日が浅いので、もっとコントロール出来るようにしなければならない。


普通に高音を出そうとするとやっぱり喉が上がりやすいのですが、声帯というのは喉の下に付いているので首の下辺りに呼気を当てるようにして歌うのです。


そしてさらにもっと下げて胸に手を当てたりしながら呼気を胸にためながら歌うと超太い高音が出せるようになります。


しかしこの出し方は声量が大きすぎて声をコントロールしずらく音程がズレやすいというデメリットがあります。

どうしても声量やパワーで押すような歌い方になってしまうのです。

喉を開いた太くて声量のあるミックスボイスの歌手っていますよね。あのような歌い方は声が太い分コントールするのも難しいのです。


音程を安定させたい場合は喉下からの響きを鼻の方に入れて発声するとよいでしょう。

声を鼻に入れると響きがシャープになり比較的音程が安定するようになります。


曲に合わせてダイナミックスな声とシャープな響きをコントロールしながら歌うというのが理想的な状態です。

UTAET「ウタエット」というボイストレーニング器具を使って家で大きな声を出して練習するというのも声量を上げるのに効果があります。

どこでも大きな声を出せる環境を作るというのが一番大切ですからね。日々歌うことによって発声に使う筋肉や声帯を鍛えましょう。

自分的には喉や胸郭を開いて、空気を貯めながら歌うというのが太い声で歌うコツですね。