"発声方法"の記事一覧

プロみたいな良い声を出す発声法

発声次第で声質は良く聴こえたり悪く聴こえたりするものです。 そこで良い声を出すポイントを書きたいと思います。 プロの人でも発声は色々ですが、正しい発声というものが存在します。 何が正しいのか試行錯誤した結果、ようやく発声の正解が見えてきました。 ローラリンクス(喉仏を下げた)発声 喉仏を下げると低音の響きが増幅されて豊かな…

続きを読むread more

エッジボイスの練習

エッジボイスは声帯をガラガラさせる声です。 別名ボーカルフライとも呼ばれています。 エッジボイスは歌う前に声帯の血流を良くしたり準備運動に使えるようです。 また高音で閉鎖するときの感覚を養うにも使えるようです。 低い音が鳴るのでカラオケ前とかにヒッソリと出来ますね。 裏声の状態でエッジを掛ける裏声エッジというのもあるようです。…

続きを読むread more

声質のコンプレックスを解消する方法とは

自分の声が嫌いという方は意外と多いと思います。 プロの歌手でさえ自分の声が嫌いだった時期がある人がいるくらいです。 昔の人は酒を飲んで叫んだ人もいるらしいです。ちょっとこれは荒療治すぎて真似できませんがね。 女性でも声が低いことで悩んでいる人も多いみたいです。 そのような声質の悩みを解決する方法を紹介します 発声法の改善 …

続きを読むread more

ボイストレーニングに通わなくても歌は上手くなれる

よく歌が上手くなりたいという思いからボイトレ教室に通う人がいます。 一区切りにボイトレ教室といえどピンからキリまであります。 ボイトレも指導者が良ければ有効だとは思います。 しかし私くらいの知識でも人に発声を教えることは十分に出来ます。 私はボイトレには通ったことはありませんが、だいたいやることはどこも似たり寄ったりだと思います…

続きを読むread more

しゃべり声と歌声の違い。

しゃべっている声と歌声はやはり違います。 歌が上手い人で喋ってる時は低い声なのに歌いだすと高くて良い声になる人がいますよね。 普段と歌声のギャップがある人は多いです。 喋り声とはなんの意識もせず、ただ言葉を伝える為に出すものだと思っています。 良い声で喋る必要もありませんし、声量も必要ありません。 喋り声で歌うと平坦で抑揚…

続きを読むread more